FC2ブログ
  1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 短編小説
  4. » リクエスト作品:『消えゆくもの』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

リクエスト作品:『消えゆくもの』

 これはtamagoさんがしてくださった、リクエスト作品です。
 大変お待たせして申し訳ありませんでした。
 今回の話はちょっと文体を変えたので、いつもの物とはだいぶ雰囲気が違うと思います。
 tamagoさんのリクエストに応えられたのかだいぶ不安なのですが、とりあえず本編へどうぞ。

 馬鹿なことをしていると思う。

 目の前に迫るそいつの顔を見ながら、俺はそう思った。
 これは嘘。全ては偽りの結果。
 なにが成せるわけでもないし、成すつもりもない。
 いわば自分勝手な自己満足。
 いや、自己陶酔と言い切ってもいいくらいの愚かしさだ。
 それでも。
 それでも、俺は――。





 初めてその感情を感じたのは、いつのことだっただろう。

 俺はどこまでも普通の人間で、そいつに憧れていたところはあった。
 小学校からの腐れ縁の友達。
 ことあるごとに奇行に走るそいつは、なぜかいつも俺を巻き込んで、結果こっぴどく大人に叱られることも多かった。
 それでもそいつはいつでも楽しそうに笑って、またやろうな、という。
 俺はそれに呆れながらため息を吐き、怒ってやろうとしていた気をなくしてしまうのが常だった。
 全く馬鹿な奴だと思いながらも、自分には決して出来ない言動の数々に爽快感を感じていたこともあり。
 それが、いつからだろう。
 あいつに手を引かれることが嬉しく思えていたのは。
 何かあったら真っ先に俺のところに来るあいつ。
 いつからだろう。あいつの顔をまっすぐ見返せなくなったのは。
 あいつはいつだって笑っていて、きさくに話しかけてくれていたけど。
 いつからだろう。あいつの声を聞くたびに心臓が跳ねまわるようになったのは。

 この感情の正体を知ったのはいつのことだっただろう。

 最初は否定し続けた。
 そんな感情をあいつに対して持つのはおかしいと。あいつは男で、俺も男なのだから。
 でも、考えれば考えるほどあいつのことが……そうである気がして。
 混乱して、頭の中がぐちゃぐちゃになって。
 その気持ちを否定したくて、一度あいつを酷い言葉で拒絶したら、あいつは辛くて泣きそうな顔をしていたけど。
 俺はもっと辛くて、その場でぼろぼろ泣いてしまったんだ。
 あいつはあわあわしながら慰めてくれた。
 あいつには――周囲にはもっと――訳がわからない奴だと思われていただろうな。
 酷いことを言って自分で泣いて、言った相手に慰めてもらっていた俺。
 馬鹿だった。馬鹿でしかなかった。
 いつしかその想いにも慣れて、顔や態度に出さないように出来た。
 あまりに自然にそういうことが出来たから、あの気持ちはきっと嘘だったんじゃないかなって思った。
 嘘じゃなくても、間違い。
 あいつに対する親愛をちょっと間違えて愛情だと感じてしまただけのことだと。
 そう思い込んでいた。思い込んでいたんだ。
 なのに。
 高校生になって――やっぱりあいつは同じ高校にいた。腐れ縁だ――あいつが一人の女子生徒をいつも眼で追いかけていることに気づいた時。
 俺の中であの気持ちがまた湧き上がってきた。
 だってその女子生徒を見るあいつの目は、腐れ縁で長い時間を一緒に過ごしてきた俺が一度も見たことがない目で。
 その女子生徒を見るあいつの目は、一時期そいつに対して俺が向けていた目と同じように思えたから。
 俺は悩んだ。
 おかしいことだと否定した。それは、おかしいことだと。
 でも。
 あいつがその女子生徒を見るたびに、その見ている目を見るたびに。
 俺の中でその感情が蠢いた。
 一方で、見られているその女子生徒はその眼に気づかない。
 何度も何度も見られているのに。
 いつもは多少興味を持てばそれに対して突撃するあいつは見ているだけで。
 あまりの歯がゆさに煽ってみたこともある。話しかけてこいと。せめてお前にあの子の目を向けてもらえと思って。
 でもあいつはあいつらしからぬ笑顔を浮かべてこう応えた。

「いいんだ。見ているだけで」

 あいつは周りに自分が変人だと思われていることを知っていた。
 そんな自分が近づいたら迷惑をかけるだけだと。
 あいつらしかぬ――哀しそうな笑顔で。そう言った。
 俺はそんなあいつの顔が嫌でしかたなかった。
 お前はもっと良い笑顔が出来るはずだと。

「俺には迷惑をかけていいのかよ」

 そう言ったのは、別に困らせたかったわけじゃない。
 軽いジョークみたいなもので、あいつがいつもの笑顔を取り戻せればそれでいいと思って言った。
 案の定、あいつはにっこりと笑って。
 いつものように、笑って。

「迷惑だと、思ってないだろう?」

 と言った。
 なんてずうずうしい。なんて厚かましい。
 でも。
 その通りだったので、何も言えなかった。
 ただ一言、ばかやろう、と呟くことしか出来なかった。

 馬鹿は俺の方だった。





 そんなある日のこと。
 俺は不思議な出店をみかけた。
 色々と怪しげなものがおかれている出店だ。道の少し奥まったところにあって、薄暗さもあって胡散臭さ満点の出店だった。
 それでもふらふらと近づいてしまったのはなぜだったのだろう。
 売っているのは変な格好をした男だった。フードを深く被っていたので顔はよくわからない。
 雑然と並べられた商品の中に、その薬を見つけたのは、偶然だったのだろうか。
 火に誘われる蛾のような手つきで、俺はそれを手に取った。
 タブレットケースに入ったその薬。『幽体離脱ノ薬』というラベルが貼ってあった。
 なぜその薬を買ってしまったのか――かなり高価だったのに――わからない。
 ただ、薬を売っていた男が言っていた『誰かに乗り移ることが出来る』という言葉が耳から離れなかった。
 リスクはあった。
 その薬は不完全で、永遠に憑依し続けることはできないこと。身体から出るときに消えてしまう可能性もあること。
 むしろリスクばかりで良いところはほとんどないと言ってよかった。
 幽体離脱が出来るだけ、人に乗り移ることができるだけ。
 それでも俺は――。
 それを、その薬を飲むことに決めた。
 もうその時には俺は戻れないところまで思いつめていたのだ。
 たとえ一時でも、あいつと『そう』なれればそれで構わないと、思っていた。




 タブレットを呑んだ瞬間、俺は猛烈な吐き気に襲われた。
 体中がその薬を体の中に入れておくことを拒絶しているような。凄まじい嫌悪感。
 その時点で俺は死ぬかもしれないと思った。それでも――我慢して、吐き出すことを堪えた。
 そして、タブレットを飲んで数分が経過したころだっただろうか。
 急に全身の吐き気がおさまった。いや、全身自体が消えてしまったかのような感覚だった。
 俺はなんだかふわふわとした感覚の中に浮かんでいた。
 それは体を失ったために意識がぼんやりとしていて、消えてしまいそうになっているからだった。
 必死に自我を保とうとしても、強烈な睡魔に襲われているような感覚が絶え間なく襲いかかって来て気を失ってしまいそうだった。
 それでも、薬を飲んだ時の気持ちを――想いを思い出し、俺はある一人のことを思い出した。
 あいつがいつも眼を向けていた女子生徒。一時的でもいいから、彼女になりたい、と。
 願った。
 周りの景色が揺らぐ。電車に乗っているときのように周りの景色が前から後ろに流れていることに気づいたのはずいぶん経ってからだ。
 ふと気づくと、目の前にあの女子生徒がいた。家で勉強か何かをしているのだろう。机に向かっているところのようだ。
 気を抜けば途切れそうになる意識を必死になって繋ぎ止めながら――俺はその子に向かって手を伸ばした。

――世界が、一瞬黒く染まる。

 激しい頭痛を感じて思わず頭を押さえた。
 押さえた手から伝わってきた感触に、俺は自分が違う誰かになっていることを直感した。
 少し慌てて部屋にあった鏡を見てみると、俺は自分の顔が彼女のそれになっていることを確認できた。
 憑依が出来ていた。彼女に、なれていた。


 夢のようなひととき。


 俺は次の日、あいつを校舎裏に呼び出した。
 もちろん、この体の本当の持ち主になりすまして。
 待っている間、馬鹿なことをしていると思った。
 こんなことは何にもならない。
 たぶん、あいつも、そしてこの彼女も傷つける結果になる。
 そんなことはわかっていた。
 予想するまでもない。予測するまでもない。
 でも。それでも。
 俺は。
 緊張した面持ちでこちらに向かってくるあいつを見た時、俺の中から迷いはなくなった。
 いや、それ以上に溢れ出したその想いで胸がいっぱいになった、というべきか。
 すぐ近くに来たあいつの存在を、存在だけを俺は感じていた。
 想いが、口から溢れる。
 溢れさせては、いけなかったのかもしれない。
 それでも、その想いは溢れてしまった。

「私――あなたが好きです」

 そして。
 受け入れてくれたあいつと――『俺の』想いを受け入れたわけじゃないけど――キスを、交わしたのだ。




 それは、夢のようなひとときだった。




 恋人となった俺とあいつは、色んな場所に出かけた。
 遊園地に出かけた。
 はしゃぎ過ぎて疲れ果て、帰りの電車の中であいつにもたれかかって寝てしまった。
 映画に出かけた。
 感動する映画だったが、それ以上にあいつが隣にいて恋人として映画を一緒に見ている状況に感動した。
 ショッピングに出かけた。
 いくらでも荷物持ちをするとあいつは言ってくれたけど、申し訳なくて小さなブレスレットを一つだけ買った。
 食事に出かけた。
 雰囲気たっぷりの場所でカップル特有の甘い言葉を交わした。
 たくさん、たくさん色んな場所に出かけた。
 時間を惜しんで。
 この時間がひとときだけだということは知っていた。
 だから。
 俺の独りよがりな感情だと、状況だとわかっていたけど。

 最後まで――幸せでいたかった。

 ある時、あいつの家に行った時のこと――。
 自然と体を重ね合わせていた。
 甘い吐息が唇を震わせて、熱いものが俺とあいつの間で交わされた。
 全てを晒して、あいつを受け入れて。
 頭がぼんやりとして、夢の中で夢を見ているようで。
 幸せすぎて、俺は泣いた。
 同時に、哀し過ぎて――俺は泣いた。
 これは、偽りの世界。
 嘘の関係。
 いずれ壊れる結末を迎えることがわかりきっていた、歪んだ世界。
 そして、壊れた後、苦しむのは俺ではなく、あいつとこの体を借りている彼女なのだ。
 結局のところ、この全ては自己満足の、自己陶酔。
 それでも、やっぱり俺は幸せで、嬉しくて、あいつが――愛しくて。
 ぐちゃぐちゃになった心のまま、俺は抱きしめてくれたあいつの腕にすがって――泣き続けた。




 壊れ始めたのは、いつごろからだっただろうか。

 突然意識が途切れるようになった。
 ふと気づくと地面に倒れていたことは二度や三度ではない。
 あいつも、彼女の家族も心配して病院に連れて行ってくれたけど、当然異常が確認できるわけがない。
 壊れているのは心――魂なのだから、体は全くの健康体だった。
 視界が霞むことが増えた。
 急に視界が歪んで、自分がいま何を見ているのかわからなくなった。
 聴覚も異常を起こし始めた。
 聴いているはずの言葉が聞こえなくなるのはしょっちゅうのことだった。
 全てが、おかしくなりはじめた。
 自分が誰なのか、不意にわからなくなる時が出来た。
 あいつが誰なのか、わからなくなる時があった。
 それでも。
 あいつが愛しいという想いだけは残っていた。
 自分が誰なのか、分からなくなっても。
 あいつが誰なのか、分からなくなっても。

 あいつが――その存在が『愛しい』ということだけはわかった。

 俺は壊れていく自分を感じながら、その想いに必死に縋った。
 せめてあと数日。
 せめてあと一日。
 せめてあと数時間。
 せめてあと数分。
 一秒でも長く、あいつの傍にいたい、と願い続けた。
 それでも、とうとう身体がうまく動かなくなり、入院することになった。
 身体には全く異常がなかったため、医者に首を傾げられたがそんなことはどうでもよかった。
 終わりの時が近づいているのを、嫌でも実感していた。
 俺はあいつを求め、あいつは可能な限り傍にいてくれた。
 うまく握りしめることも出来ない俺の手を強く握って、そこにいることを教えてくれていた。
 それだけで、俺は幸せだった。
 傍にいてくれるだけで、幸せだった。


――それでも、終わりの時はやってきた。


 その日は、運が良いというべきか、休日だった。
 朝から病室に来てくれたあいつは、ずっと俺の手を握って、ぽつりぽつりと話しかけてくれていた。
 俺はそれに頷きを返しながら、最後の時が迫っていることをどうしようもなく感じていた。
 だから。
 ぼやける目を必死に凝らし、とぎれとぎれの聴覚を研ぎ澄まし、震える身体を渾身の力を込めて動かして。
 あいつにしがみつき。
 耳元で、呟いた。

「……あなた、を……愛してる」

 青臭いセリフだと、思った。
 陳腐に過ぎる台詞だと。
 でも。
 それ以外にこの想いを伝える言葉を、俺は知らなかった。
 俺の言葉の響きから、あいつも何か感じ取ったようで、俺を力強く抱きしめながら、静かに涙を零した。

「……俺も、お前を愛してる」

 それはきっと『俺』に向けられた言葉ではなかっただろうけど。
 想いが込められたその言葉を聞けて、俺は――嬉しかった。
 急速に遠のいていく意識に、俺は終わりを悟った。
 最後にもう一つ伝えようと、俺は声を振り絞った。
 けど、その言葉は――「ごめんなさい」というただ一つの言葉は――ほとんど形にならないまま。

 俺の意識は、暗闇に砕けた。






 糸が切れたように  が気を失った後――。

 目が覚めた  は、何も覚えていなかった。
 何も、だ。
 自分が誰なのか。
 俺が、誰なのか。
 全て忘れていた。
 まるで俺と過ごした時間の全てが夢だったかのように――  は全てを忘れていた。
 そしてなぜか俺は――俺と  が過ごしたあの時間の記憶が戻らないことを、確信していた。
 俺はその日、記憶を失い、ぼんやりと窓の外を眺める  をずっと見つめていた。
 さらに。
 次の日、俺は小学校の時からの腐れ縁で、沢山の時間を一緒に過ごしてきた友達が、亡くなったことを告げられた。
 数カ月前から意識不明に陥っていたその友達――いや、親友と言おう――はついに意識を取り戻すことがなかった。
 俺は一番大事な親友と、一番大切な人――その二つを同時に失った。
 涙は出なかった。
 虚無感だけが湧いてきて、それ以外の感情がどうしても湧いてこなかった。

 ただ――  と過ごした時間は、切なく、愛しく、俺の胸の中に残っていた。





                        終



あとがき(という名の補足)
反転しています。あまり大したことは書いていないのでスルーしてくださって構いません。

 最後の部分で空白になっている部分はミスではなく、故意にそうしています。
 今回の話では台詞や行動の描写を削り、主人公の独白のみで話を進めてみました。
 この話の雰囲気から言って、エロシーンは雰囲気を壊しそうだったので外したのですが、エロシーンを期待していた方には申し訳ないことになってしまいました。
 リクエストしてくださったtamagoさん、ありがとうございました。あなたの希望に添えていればいいのですが……。懲りずにまたリクエストしてくださると嬉しいです。

Comment

No.104 / tamago [#K8enJE0I] リクエストにお応えいただきありがとうございました

今晩は、tamagoです。
リクエストに誠実にお応えしていただき、感謝です。
感想は、上手く表現するのは、僕は言語表現が苦手なので、難しいですが、命の持つ透明な、悲しみのようなものでしょうか?
僕らの世界と存在は、移ろう、有限な限界のある世界と存在であり、悲しみは、切実な恋や愛にもいつも付きまとう人間のさがですよね。
「消えゆくもの」は、独白で構成されている分、余計な不純物が無いので、主人公の切実な好きという想いが、十分伝わりますね。良かったです。ありがとうございました。あの、今回は感想、長文ですみません。またいつかリクエストするかもしれませんね。

2008-10/22 19:33 (Wed) 編集

No.105 / nekome [#lWxbDKCI] まさに「不純物が無い」想い

切ないです……。
モニターが涙で滲み、心は乱れて、感じたことの半分も言葉にならないであろうことを口惜しく思います。
決して叶わぬ願いを抱えた人間にとって、その人生は偽りに満ちたもの、絶望に彩られたものとすら言えます。
その中で、ほんの少しでも希望に出会ってしまったとしたら、きっと必死でしがみついてしまうのでしょうね。その先に破滅が待っていたとしても。

本当に悲惨な目に遭ったのは、「彼女」かもしれず、「あいつ」かもしれない。
けれども、彼の想いを責めることは、どうしてもできません。

2008-10/22 22:05 (Wed) 編集

No.106 / 光ノ影 [#-] 感想ありがとうございます

 tamagoさん、nekomeさん、感想ありがとうございます。
 身に余るお言葉をかけていただき、とても嬉しいです。

>tamagoさん
 受け入れてもらえたようで安心しました。独白調というこれまでに書いていなかった感じで書きましたので、正直受け入れられるのかどうかわからなかったのです。
 ええ、おっしゃるとおり、余計な部分を極限まで削り、主人公の心情描写だけで構成することを目指しました。
 好き、というただそれだけの想い。
 それを表現することに努めました。
 またどうぞお越しくださいね。

>nekomeさん
 的確なお言葉、ありがとうございます。その通りだと思います。
 叶わないはずの望みを一時でも叶えられると感じてしまったら――破滅が前提でも、やはり手を伸ばしてしまうでしょう。
 誰かに抱いていた想いを責められたとしても、やっぱり主人公は手を伸ばしたでしょう。

 切ない話を書く技術はまだまだ研磨できる余地が山のようにあります。
 これから書いていく中で、その辺りの技術も磨いていきたいと思います。
 それでは、ありがとうございました。またどうぞお越しくださいね。

2008-10/23 00:56 (Thu)

No.108 / toshi9 [#YK3S2YpI] 切なさと迸る様な思いと

読ませていただきました。1人称で綴られる告白、ほんとに切ないですね。
自分の思いに気がついて、それがどんなに独りよがりだと分かっていても、突っ走ることしかできない。そこにはただ好きという思いがあるだけ。
でも全てが終った時、それは彼の中に確かに証しが残っていったんですね。
彼女はどうなったのかなぁ。彼に憑依された時にもしかしたら一心同体になっていたのかもしれません。彼が経験したことを彼女も共有して、そして逝ったのかも。そう思わないとちょっと悲しいですね。
素敵な作品、どうもありがとうございました。

2008-10/26 22:05 (Sun) 編集

No.109 / 光ノ影 [#-] 返信が遅れました

toshi9さん、読んでくださりありがとうございます。
切なさ路線でいったのが功を奏したようで安心しております。
そうですね、憑依されていた彼女は彼の想いを共有していたのかもしれません。彼女はいきなり憑依され、そして記憶さえも失ってしまうという踏んだり蹴ったりな状況なので、そういったことが少しでもあればまだ救われるような気もします。
拙作を素敵などと言ってくださり、本当にありがとうございます。
これからもがんばっていきますので、お付き合いくださると幸いです。
またどうぞお越しください。

2008-10/29 20:26 (Wed)

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://kuroitukihikari.blog60.fc2.com/tb.php/39-e58b69fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

カウンター
投稿先サイト
『小説家になろう』ノクターンノベルズ
(ユーザーページに飛びます)
運営サイト
暁月夜色
 どんなジャンルでもOKな投稿小説サイトです。お知らせには必ず目を通してください。

黎明境界
 自己満足小説の展示サイトです。
 注意事項には必ず目を通してください。
 以下、連載中の作品概要


『私の名前はまだない』
(MC物、ペット化、女性視点)
(最終更新日:2013/12/07)

『思い通りになる世界 ~forガール~』
(カオスジャンル、世界改変系)
(最終更新日:2016/02/28)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
プロフィール

光ノ影

Author:光ノ影

連絡先は kuroitukinokage×yahoo.co.jp (×を@にしてください)

つぶやき
作品紹介
検索フォーム
FC2アクセス解析
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。