FC2ブログ
  1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 『雑貨店へようこそ』
  4. » 雑貨店 ~牛~
  5. » 『雑貨店へようこそ』 ~牛~ あとがき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

『雑貨店へようこそ』 ~牛~ あとがき

『雑貨店へようこそ』シリーズ ~牛~ のあとがきです。
内容に触れたりしているので、『牛』の本編を読了後にご覧ください。

なお、あとがきの内容は愚痴だったり自身の持つ作品に対する不満点だったりします。
あまり読む価値はないかもしれません。

それでもよろしければ、続きからどうぞ。

『雑貨店へようこそ』 ~牛~ あとがき



 『雑貨店へようこそ』シリーズは元々短編で次々便利アイテム(?)が登場していく形式で書いていくつもりでした。しかし、私の悪い癖ですが、どんどん話を広げたくなるのです。
 『牛』も最初は主人公の牧場主が『牛』になって搾乳などを経験する、というだけの話だったのに、牧場見学の学生まで出して、最終的にはああいった描写をすることになりました。
 あれもあれで書きたかったシーンなので書けて満足なんですが、下手に同じ『牛』になった瑠美が脇から見ている視点にしてしまったのが良くなかったかもしれません。
 いっそ瑠美をあれの対象にしてしまえば、もっと書きやすかった気もしますが……。

 ああいう話にあまり興味がない人にとっては、最終章あたりの展開は余分だったかもしれませんね。
 私の嗜好が色々極端なため、纏まりのない作品になって申し訳ないと思います。
 どうも自分のサイトで展示すると思うと、とにかく自分の趣味嗜好を詰め込みたくなってしまうのです。TS&MCに投稿している作品なんかは、TSかMCかで分けているのですが。
 ジャンル:カオスっていうのも私らしくていいかなぁ、とは思うんですけどね。

 なんだか纏まりのないあとがきになってしまいました。ここからきっちり締めます。
 『雑貨店へようこそ』シリーズの『牛』はあれで書き納め、ということになります。
 「『牛』でこういう話が見てみたかった」という人がいたら、その人には申し訳ないなと思うのですがやはり際限なく書き続けるのはしんどいですし、私が書いてしまうよりは読者に想像してもらう方が楽しめるのではないかとも思いますし。
 『牛』を読んでくださった人が、自分の作品を書くきっかけになったらうれしいな、と。私の目指している作品はそういう類のものですしね。

 『牛』は終わりましたが、『雑貨店へようこそ』シリーズの他の話はまだ終わっていませんし、それ以外にもたくさん途中で放置しているシリーズはあります。
 ですので、今後とも精力的に執筆を続けて行きたいと思っています。

 拙い書き手の作品ではございますが、今後も読んでくださると幸いです。
 それでは、また次の話を書きたいと思います。

光ノ影

Comment

No.377 / 疾風 [#ew5YwdUc] お疲れ様でした

 『牛』の完結お疲れ様でした。とても良かったです。数えきれない女を『牛』して牧場で飼うというのは私も考えたことがありましたが,実際に読むことが出来てとても嬉しかったです。
 ラストでは,モモやルミのいる牧場にいちるが『牧羊犬』イチルとして飼われることが示唆されるものでとても良かったです。心通じ合った親友はやはり一緒が良いですね。例え言葉が通じなくても一頭と一匹は一生一緒なんですね。
 後,ルミがあの対象にならなかったことについて,私はあれで良かったと思います。いくらなんでも見学に来たその日にあの対象になるのは可愛そうなので。
 私見ですが,ルミがあの対象になるのは,イチルが逝くが良いと思いました。親友同士,逝く時も一緒というのが美しいかなと。

 最後に伺いますが,愛玩動物販売店で『牛』がいなかったのはこちらでもう描かれていたからでしょうか?

 では長々と失礼しました。

2011-04/29 23:14 (Fri) 編集

No.380 / 光ノ影 [#-] Re: お疲れ様でした

疾風さん、毎度コメントありがとうございます。

> 『牛』の完結お疲れ様でした。とても良かったです。
 ほとんど趣味全開だった話に、そう言ってくださるのはとても嬉しいです。
 少し詰め込みすぎた感はあるので、次の作品はじっくり一つのシチュエーションを書きこんでみたいなぁ、と考えています。

>ラストでは~
 このラストは自分でも気に入っています。いつか再開したルミとイチルは言葉が通じない異なる動物にそれぞれなるでしょうが、それでも二人は仲良く牧場で過ごすでしょう。
 イチルのキャラクター的にも、『牛』というよりは『犬』ですし(笑) 同僚の牧羊犬と一緒になって広い野原を駆け回っていることでしょう。

> 私見ですが~
 逝く時は一緒……そうですね。それが一番いいのかもしれません。
 イメージとしてはルミよりイチルの方が先に寿命が尽きそうなので……一瞬、イチルの最後の晩餐をルミの肉で……とか思ってしまいましたが、さすがにそれは歪みすぎですね(笑)。自重します。

> 最後に伺いますが~
 そうです。別に出してもよかったんですが、『牛』で単体の存在として取り扱っているので、向こうにあえて出す必要はないかな、と思いまして。日本だと牛は畜産の動物であるイメージが強いですし……。まあ、おそらく『販売店』の方でも、選択肢の中にはあるんだと思います。

> では長々と失礼しました。
 いえ、長いコメントありがとうございます。
 疾風さんのような読者がいてくれるからこそ、私も書けるのですし、感想や意見を聴けるのはとても嬉しいです。
 またどうぞお越しください。

2011-05/01 15:46 (Sun)

No.382 / 疾風 [#ew5YwdUc] 返信ありがとうございます

 牛と犬の寿命についてですが,確かに牛の方が犬よりも数年寿命が長いようですね。ただ,動物の雌は出産を行う毎に寿命をすり減らすようなので,ルミに何度も出産させれば寿命を逝く時を併せられるかもしれません。雌は妊娠中の方がミルクを多く出すようなので一石二鳥ですね。
と言うか,この『牛』や『牧羊犬』は出産可能なのでしょうか。ルミは牧場主との交わりで可能かもしれませんが,イチルはどうなんだろう。牧場主と交わるのか,他の牧羊犬と交わるのか,そもそも他の牧羊犬は元から犬か元人なのか,性別は雄雌どちらなのだろうか,色々疑問が湧いてきました。
 後,全体を読み直して思ったのですが,牧場に最初からいた『牛』は元は女か男のどちらだったんでしょうか,又,どういった経緯で『牛』になったんでしょうか。もし裏設定等あれば伺いたいとおもいました。
 では長々と失礼しました。

2011-05/04 20:41 (Wed) 編集

No.384 / 光ノ影 [#-] Re: 返信ありがとうございます

疾風さん、コメントありがとうございます。

> 牛と犬の寿命についてですが~
出産は命を削るというわけですよね……そう考えると、やはり動物の雌というのは偉大です。

> と言うか,この『牛』や『牧羊犬』は出産可能なのでしょうか~
『牛』も『牧羊犬』も出産は可能です。基本的には牧場主が種づけする形ですね。
『牛』は牧場に雌牛しかいないのですが、『牧羊犬』の方は元からいたのは全部オス(元から犬)なので、彼らが種づけすることもできます。ただ、イチルが来ると『牧羊犬』の雌が彼女だけなので毎日大変かもしれませんね(笑)

> 後,全体を読み直して思ったのですが~
牧場に元からいた『牛』達は世話役達と同じで、最初から『そうであったモノ』です。
チープな言い方になりますが、例えるなら『この牧場という設定の空間』を作ったときに一緒に生じた『備品』みたいなものです。元人間ではないので、当初牧場主が定期的に『牛』となり、絞った牛乳を納める義務が生じていたわけです。

> では長々と失礼しました。
いえいえ、嬉しいです。
毎度ありがとうございます。またどうぞお越しくださいませ。
それでは。

2011-05/07 00:09 (Sat)

No.387 / 十里一元 [#bxQ6v2Q6]

一つの世界と詳細な設定、楽しく読めました。
続編が無いというのが残念ですが、家畜化ネタは好きなので、この手の牧場やペット販売のお話はまた読ませて頂ければと思います。
「思い通りになる世界」のポニーガールも、自家用車化や競馬、交配や隠れた名馬の発掘(一般人の少女の馬化)、専門の調教施設(学校)など、広がりができそうで。
ペットショップネタも合わせて、期待させて頂きます。

2011-05/10 23:18 (Tue) 編集

No.388 / 光ノ影 [#-] Re: タイトルなし

十里一元さん、お返事が遅れてすいませんでした。
コメントありがとうございます。光ノ影です。

> 一つの世界と~
 かなり趣味に走ってしまった(特に後半)話だったので、そう言ってくださると嬉しいです。

> 続編が無いというのが残念ですが~
 家畜化ネタは色んなところで出すと思います。『牛』のようにそれ単体で……という話もまた書きたいとは思っていますが……いい設定を思いつくかどうか……。

> 「思い通りになる世界」のポニーガール~
 妄想の種になる数々のネタをありがとうございます!
 世間的に『馬車』が流行るとか面白そうですね。上流階級の中には自分の娘とか妻を『名馬』として調教するのがメジャーになるとか(笑)。
 上流階級のステータスのために、妻や娘は断れなかったり、あるいはむしろ家名を上げるために進んで『馬』になったりとか……面白い話になりそうです。

> ペットショップネタも合わせて、期待させて頂きます。
 期待を裏切らないよう、頑張ります。
 現状の更新頻度がしばらく続きそうですので、どうか気長にお待ちください。
 それでは。

2011-05/23 22:14 (Mon)

No.773 / [#] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-08/05 22:40 (Sun)

No.774 / [#] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-08/06 11:27 (Mon)

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://kuroitukihikari.blog60.fc2.com/tb.php/175-8aff6fb6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

カウンター
投稿先サイト
『小説家になろう』ノクターンノベルズ
(ユーザーページに飛びます)
運営サイト
暁月夜色
 どんなジャンルでもOKな投稿小説サイトです。お知らせには必ず目を通してください。

黎明境界
 自己満足小説の展示サイトです。
 注意事項には必ず目を通してください。
 以下、連載中の作品概要


『私の名前はまだない』
(MC物、ペット化、女性視点)
(最終更新日:2013/12/07)

『思い通りになる世界 ~forガール~』
(カオスジャンル、世界改変系)
(最終更新日:2016/02/28)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
プロフィール

光ノ影

Author:光ノ影

連絡先は kuroitukinokage×yahoo.co.jp (×を@にしてください)

つぶやき
作品紹介
検索フォーム
FC2アクセス解析
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。